2020年10月9日金曜日

カネオヘのピルボックスこと、Puu Maelieli Trail(プウマエリエリ トレイル)へハイキングへ行く&平等院にもついでに行こう

ピルボックス(PILLBOX)は、鉄筋コンクリートの箱型防御陣地のことで、ハワイにはあちこちにピルボックスが残っています。

平和な現在、そこから見る海の眺めがいいことから、ハイキングコースが出来上がっていたりします。

さて、カネオヘにあるピルボックスへのトレイル、正式名は、プマエリエリ・トレイルですが、行ってきました。

片道40分程度。小さな子供も行ける、比較的容易なハイキングコースではありますが、急な斜面もあり、
足元はぬかるみやすい場所、砂で滑りやすい場所があるので、
グリップの効くシューズを履いていくのが良いと思います。

場所は、ハワイの平等院のはす向かいです。

その平等院は、こちら、バレー・オブ・ザ・テンプルメモリアル・パークという墓地の奥にあります。
この芝生の広がるなだらかな丘がメモリアル・パーク。日本の墓地とずいぶん違う景観です。

このメモリアルパークの向かいには、マクドナルドが四つ角にあり、その一角は、スーパーマーケットやサブウェイサンドイッチ、映画館、カフェなどがある小さなショッピングセンター仕様になっています。中央が無料の駐車場で、それを囲むように、店舗が並んでいます。
トレイル専用のパーキングスペースはありませんので、さて、どうしたらよいのか、ここでははっきり書くことをはばまれますが、↑どうしたらいいのかは、察してください。

トレイルへは、メモリアルパークに向かって、信号の左側へ進みます。


左を向くと、こんな感じ↓ 右手が道路を挟んでメモリアルパーク、後ろに道路を挟んでマクドナルドがある状態です。

車道の端を歩くのは危ないので、ある程度のところで、ガードレールをまたいで、芝生側へ入りましょう。↓


ほんの数分歩くと、左側へトレイルの入り口があるのがわかります。誰かが丸太を倒して、「ストップ!トレイルは左だよ」と目印に置いてくれているようですよ。↓

これがトレイルの入り口に当たります↓


わくわく。では進んでいきましょう。

グアバの実が落ちていたので割ってみました。甘酸っぱい香りが漂います。


トレイルの下のほうは、ぬかるみやすい粘土質です。雨の後はぬかるんで大変だと思います。横にロープを張ってくれているので、つかまって上がるといいでしょう。

アップダウンがありますが、こんな平坦な場所もあります。

木陰もありますが、日差しも入り、なかなか暑いです。
トレイルは、わき道にそれるトレイルがたくさんあるのですが、ピルボックスへは、メインの太い道をたどっていけば大丈夫です。


野生の欄が咲いていました。さすがトロピカル、ハワイです。他にもたくさん花が咲いていましたが、写真に撮るのを忘れました。


木が根を張っていたり、枝が伸びているので、足元だけでなく、頭上にも注意しながら進みましょう。

けっこうな急斜面もあります。

最初のピルボックスには、このような看板、Puu Maelieli(プウマエリエリ )がたっています。ここまでくれば、見晴らしのいい、次のピルボックスまでもうすぐです。

ピルボックス到着! クアロア牧場とその前の海にあるとんがり帽子のような形の島、チャイナマンズハットが左に見えます↓

海にせり出して見えるクアロア牧場のエリア


右手にせり出している半島は、マリーンのベース、手前にある島はココナッツアイランドとよばれています。サンゴ礁の海の明るい色がとてもきれいです↓

目前に広がっている海は、カネオヘ湾と呼ばれています。

とにかく見晴らしのいい場所です。ピルボックスの上から撮りましたが、みなさん、ピルボックスの上に腰かけて、眺めを堪能されています。


けっこう多くの人がハイキングを楽しんでいらっしゃいました。すれ違う人、皆、挨拶をしてくれてフレンドリーでした。
マスクはみなさん、されていませんが、入り口や、人の多いところでは、相手への配慮のため、マスクをしたほうがいいですね。気遣いを忘れず、気持ちのいいハイキングを楽しんでください。

では、ついでに平等院も行ってみましょうか!
平等院は、先にも書かせていただきましたが、このバレー・オブ・ザ・テンプルのメモリアル・パークという墓地の奥にあります。歩くと15分ぐらいかな。車の方は、車でこのまま、メモリアルパークへ入っていきましょう。

メモリアルパーク内を道なりに進むと、ゲートがあります。ゲートで「平等院へ行く」と告げると、そのまま通してくれます。

平等院は、道なりに行くと、終点、左手にあります。終点が専用パーキングです。パーキング代は無料です。

今現在、新型コロナウィルスの心配がありますので、マスク着用が必須です。

そして、入り口で、手のひらをかざすタイプの検温があります。
検温をパスしたら、ステッカーをとって自分で胸に貼ります。それがオッケーだったという証拠になります。
それから、窓口へ向かい、入場料を払います。クレジットカードが使えます。入場料は以下の通り。カマアイナ割引もあります(IDの提示が必要です)

平等院へは、橋を渡ります。

写真には写っていませんが、左手に鐘もあり、誰でも突くことができます。

中には大きな大仏様が、鎮座されていました。お線香と火が用意されており、誰でもお線香を立てることができます。

外には池と池をつなぐ小川があり、こんなふうに鯉、魚、メダカ、なんとアロワナも!泳いでいました。亀やすっぽん、ブラックスワンもいます。

平等院の左裏に、売店があり、魚も鳥も食べられる餌を2ドルで販売しています。けっこうたっぷり入っていて、楽しめるので、お勧めです。

表へぐるりと回って出てきたところでまた写真を撮りました。なかなか風情があって、いい気持の場所です。


【バスで平等院への行き方】

アラモアナショッピングセンターのバス停から65番で、平等院まで約50分です。
ワイキキからだと、アラモアナでの乗り換えも含めて、1時間半から1時間40分ほどみておいたほうがいいです。


【車での行き方】

LIKE LIKEハイウェイを通って行きますが、ワイキキからは交通事情にもよりますが、だいたい半時間から1時間ほどです。


またぼちぼち、旅の記事を書こうと思ってます。