2021年3月19日金曜日

新型コロナウィルスのワクチンを打ってもらってきました

 ハワイでは、70歳以上のお年寄りとエッセンシャルワーカーから接種が始まり、
65歳以上と、ホテル、飲食店等で働く方たちも、今スタートしはじめているところです

ワクチンは、バッチと呼んでいますが、ケースといったらいいのかな

ケースで解凍し、24時間以内に使い切ることになっているそうです。


それで余ったワクチンを破棄せずに、希望者に打つ、というのを2日間限定で募集があり

2週間ほど前に、その話を聞いて、まだ真っ暗な夜明け前から並び、ウェイティングリストへ載せてもらいました

条件は、余分なワクチンがあると分かった時点でドラッグストアから電話があったら、

2時間以内に現場へ向かって、接種してもらう、ということでした


もうずいぶんたつし、65歳以上へ年齢が広がったので、無理だったのかなと思ってあきらめていたのですが、

今日、車屋さんでメンテナンスをしてもらっていた時に電話があり、

メンテナンスが終わったその足で、予約をしていたドラッグストアへ。


ハワイ好きの方にはおなじみの、ロングスドラッグストアの1画で、

ファイザーのワクチンを打ってもらったのですが


若い看護師さんはとても注射が上手で、少しも痛くありませんでした。

二の腕の上のほうの肉をつまんでもちあげてそこへ刺すと言う感じ。


しかし隣の人は、腕にダーツのように刺されて、あー!とか言っていたので

私はラッキーだったようです


次は3週間後に打ちます


早くコロナに脅かされない社会になりますように